SHIPにじいろキャビン

SHIP Rainbow Cabin

キャビン開館日

 
2020年5月
26 27 28 29 30  1
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 23 30
31            
  • <開館時間>
  • 水・金・土 16:00〜20:00
  • ■ 日曜 14:00〜18:00
  • ※水・金・土の閉館時間が20時までに変更になりました。
  • コロナウイルス感染予防のため、5月31日までの期間、毎週、土曜・日曜は臨時休館させていただきます。
 
「SHIPにじいろキャビン」の開館時間なら
どなたでも自由にご利用できます。
詳しくは LinkIconこちら

イベント案内


【速 報】
長らくお待たせしました。交流会は6月から再開することになりました。
詳細は6月4日(木)に掲載しますので、それまでお待ちください。

イベント名 開催日 時 間
しゃべりちゃ 6月14日(日) 9:30~11:30
40サロン 6月27日(土) 10:00~12:00
T-LOUNGE 6月27日(土) 13:30~15:30
テーマトーク 6月28日(日) 9:30~11:30
10SHIP 6月28日(日) 13:30~15:30


ニュース

「よこはまLGBT臨時電話相談」

横浜市では、LGBTのための臨時電話相談を行います。
 
TEL.045-594-6160
 
5月14日(木)13:20~16:00
5月25日(月)17:20~20:00
 
性的少数者の方(自分がそうかもしれないと迷っている方も含みます)や、そのご家族のご相談をお受けします。
 

横浜市で「パートナーシップ宣誓制度」を開始

横浜市では、様々な事情によって、婚姻の届出をせず、あるいはできず、悩みや生きづらさを抱えている性的少数者や事実婚の方を対象に、「横浜市パートナーシップ宣誓制度」を始めます。
予約受付は11月18日から開始、交付初日は12月2日(月)からです。
詳しくは横浜市のホームページをご覧ください。
 

イベント案内

新型コロナウイルス感染拡大の防止のために、5月末までの交流イベントは全て中止になりました。 
 

お知らせ 

イベントスタッフの募集

 SHIPではイベントを手伝っていただけるスタッフを募集しています。
 詳しくはこちらをご覧ください。

生徒向け授業スタッフ募集!

 SHIPでは神奈川県内の中学や高校でLBGTの理解に向けた授業や、教員向けの研修を年間120回実施しています。
この授業や研修で自らの体験を話してくれるゲストスピーカーを募集しています。
 
 手伝ってくれる方は、問い合わせフォームから、年齢、学年、居住地、セクシュアリティを記入の上ご連絡ください。
詳しくはこちらをご覧ください。

書籍の案内

少年写真新聞社から「LGBTQを知っていますか?」が発売されました。
【著者】
日高庸晴(宝塚大学 看護学部 教授):監著
星野慎二(特定非営利活動法人SHIP 理事長)ほか:著
 
20人に1人はいると言われるセクシュアルマイノリティの「思春期」について、専門家の解説や当事者のインタビューを交えて解説した一冊。
また、養護教諭向けの章もあり、学校現場に望まれる対応とともに、セクシュアルマイノリティ授業の例なども紹介しています。
詳しくは こちら

横浜市が戸塚とあざみ野に交流スペースを開設

横浜市がセクシュアルマイノリティの交流スペースを開設
◯名称: 「FriendSHIP よこはま」
◯日時: 毎月 第一土曜(戸塚)、第三日曜(あざみ野)
 
詳しくは、ブログをご覧ください。
 
 

NHK ハートネットTV「多様な“性”と生きている」でSHIPが紹介されました。

SHIPでは、第1回と第2回の放送の取材協力させていただきました。

 NHKのサイト http://www.nhk.or.jp/heart-net/themes/lgbt/index.html

学校向けのポスターが出来上がりました。

神奈川県内の中学・高校に順次お送りしています。

詳しくは こちらをご覧下さい。
 

神奈川の高校生新聞「HP」で紹介されました。

7月5日発行の高校生新聞「HP」でSHIPを利用する10代のインタビューが掲載されました。

  • 画面をクリックするとPDFファイルが開きます。
  • 高校生新聞公式サイトはこちら

はじめての方へ

SHIPにじいろキャビンは、セクシャルマイノリティ(同性愛者・性同一性障がい)のためのコミュニティースペースです。セクシャルマイノリティの人達が周囲の目を気にせず、同じ仲間たちが集まることができる施設。学校でたとえると保健室や図書館のようなところで、同じ仲間同士お話したり、お茶飲んだり、本を読んだりしてくつろいでいます。
 
ほとんどの人は最初は一人でお見えになりますが、何度か通ううちに知り合いが増えていきます。
 
詳しくは LinkIconこちら

運営主体

キャビンは「特定非営利活動法人 SHIP」が寄付金や会費により運営しております。
風俗や営利目的の出会い系施設ではありません。
キャビンのスタッフはセクシャルマイノリティ当事者や、セクシャルマイノリティに理解のあるスタッフですので、安心してご利用頂けます。
分からないことがありましたら、お気軽に電話でお尋ねください。
 

問い合せ

電話による問い合わせ

 045−306−6769
 (水・金・土 16:00〜20:00、日 14:00〜18:00)

メールによる問い合わせ

 


NHKのサイトにジャンプします。